黒が似合わない!でも黒を着たい人のための処方箋


あなたのままでいいオシャレ

Brilliant mamaさやまあやこです。

昨日に引き続き黒についてお伝えしますね。

黒が表す意外な効果とは

実は黒が似合わない人ってたくさんいます。

単純にパーソナルカラーの4シーズンで考えると、ウィンターの人が黒大得意なわけですが

ウィンターの人口は4分の1もいないと思います。

だいたい、わたしのサロンに来られる方を見ると、明るい色がお似合いの方多いですしね。

黒が似合わないけど黒を着たいという方のために、「似合わない黒を着る時の対処法」をまとめてみました。

黒が似合わない理由は何?

きつく見える

これ、わたしがそうなんです。

黒を着ると、なんとなく、固い印象となり、

怖く見えちゃう。

寂しく見える

これもわたし、そうなります。

特に喪服なんか着た時は大変!!

寂しく見えてどうしようもない。

影が見える

小顔に見える反面、影を作るということはシワが深く見えるんです。

ついでに言うと、シミも濃く見えます。

老けて見える

黒が持つイメージに「かっこいい」と言うワードがあるので、年齢よりは上に見えますよね。

と言うことで、黒を着ると、全てが当てはまるわたしですが、

毎回こんな工夫をしています。

まずはストールで少し白が入るので明るさを出しつつ

メイクはこんなポイントにします。

①眉と眉を離し気味に描くことで、平面的になり、幼いイメージに。

②目尻側のマスカラを多めにし(わたしはビューラーは使いません。)

③下まぶた目尻側を濃いめのブラウンのアイシャドウをON

②と③をやることで、目尻が少し垂れて、柔らかい印象になります。

④チークはしっかりと、リップは薄め。

寂しい印象が顔色が華やかになりながらも、

リップは薄いので、濃いメークにはなりません。

 

 

人によって顔立ちがもちろん違いますので、ポイントとなるのは人それぞれですが、

いつもより少し幼いイメージを出して見ると

ちょうど中和されるかなあと思います。

一方、黒の似合うウィンターさんはそのまま黒をバーンと着ていただいて、真っ赤なリップつけちゃってくださいね。

 

似合う方も似合わない方も

黒を着たい方はご参考になさってみてください。

 

11/23(祝)@ハタケ青山 でおしゃべりしましょー

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP