腫れぼったい目・落ちくぼんでくる目のアイメイク


二度見美人クリエイターさやまあやこです。

昨日エイジング対策①をお送りしまして、「綺麗な人と一緒にいること」をお伝えしました。

本日はアイメイクについて。

エイジングによるアイメイクの悩みといえば、ふた通りの方がいらっしゃると思っています。

①まぶたが腫れぼったい

②まぶたが落ちくぼんできている

あなたはどちらのタイプでしょう?

今日は2通りのアイメイクについてお話していきますね。

まずはどちらも共通して言えることをお伝えします。

アイブロウと目の面積(アイホール)が広くなる問題。

まずはどちらのタイプにも共通して言えること。

加齢とともに、皮膚がたるんで、眼輪筋が弱くなってくると、元の目よりも小さくなってきていませんか?

眼輪筋が弱いから眉毛を上げて、目を開く。そんな癖がついてしまい、

最終的には眉と目の間がどんどん離れ、おでこにシワができる。

お年寄りはアイブロウと目の間が広いですよね。

歳をとると、誰でもアイホールが広くなっちゃいます。

なので、ここの感覚を狭く見せることがポイント。

どうしたらいいのか、と言うと

アイブロウをできるだけ下げて描くことがポイントです。

今流行の直線眉は目とアイブロウの間を狭くし、若々しく見せられるチャンス。

しかし、アイブロウの眉尻を下げすぎると、全体的に下がって見えてしまうため、その辺は注意が必要です。

エイジングによりまぶたが腫れぼったくなる方

加齢とともに、まぶたが落ちてくる。目が前よりも小さくなって気がする。

まぶたが垂れてくるとそんな感覚になります。

私もまさにこのタイプです。

まぶたが腫れぼったい方のNGメイク=パール入りの白っぽいアイシャドウを広範囲につけること。

余計に前に出て見えて膨張して見えてしまいます。

なので、アイシャドウの色=目の際は特に暗い色で抑えておくとスッキリ引き締まります。できたらアイライナーでスッキリと線を描いた方がいいですね。

また、腫れぼったい目の方にオススメなのが、つけまつ毛。

つけまつげをするとこんな感じ。左右で違うでしょ?

向かって右の方に目尻用のつけまつ毛をつけてます。

まつ毛が長くなることで、自然な陰影ができて、顔立ちがはっきりしてきやすいです。顔全体の立体感も出てきます。

つけまつ毛は大人にこそつけていただきたいアイテムです。

Pretty Woman Makersのナチュラル美人メイクレッスンでも、どんなつけまつ毛がいいか、自然に見えるものをご提案してつける練習もしますよ。

エイジングによりまぶたが落ちくぼんでくる方

まぶたが腫れぼったくなる方がいる一方、落ちくぼんでくる方も。

落ちくぼんでしまうと、顔立ちははっきり影ができるので、外人さんのような顔つきになってくる方もいるのですが、どうしても元気がなさそうに見えてきてしまいます。

こんな方のNGメイク=暗い色のアイシャドウを広範囲に塗る。

OKメイク=明るい色のアイシャドウを窪んだところまでしっかり塗る。

また、赤・オレンジ・ピンク・ボルドーなど暖色系のアイカラーは進出色なので、オススメです。

寒色系のブルーのアイメイクをすると、余計に元気がなさそうに見えますので、気をつけてくださいね。

もともとの立体感を活かしたアイメイクをするのもいいですね。

こちらも詳しくはレッスンでやっていきますね。

いかがでしたか?エイジングといっても人それぞれ。

そのかたに合ったメイクをしてないと、ただの情報に流されてしまって、いつまでたっても自分の「キレイ」が実現できませんね。

レッスンを受けて自分だけのキレイを意識していきましょう!

4月から料金体系が変わりますので、現行のレッスンがいい方はお早めに。

自分がおしゃれになるメニュー一覧はこちら

おしゃれ迷子のランチ会やりますよ。

2月15日(金)3月10日(日)開催 おしゃれで悩んでる方へ。

恋愛で悩んでる方へ↓

2/10 女性性を解放して女を10倍楽しむ体験ランチ会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. メイク
PAGE TOP