好きな色は何ですか?好きな色で分かる色彩心理学


好きな色は何ですか?

好きな色で自分が今どんな事を考えているのか分かる、というのが色彩心理学。

今日は簡単に色彩心理学についてお話したいと思います。

好きな色、ありますか?

私はパーソナルカラーの仕事をずっとさせていただいてまして、

1000名の女性と出会ってきたので、

好きな色、嫌いな色

についてよくお客様から聞きます。

まずは私がレッスンしてきた中で、人気のある色、逆に人気のない色をお伝えしますね。

一番人気のある色は・・・青

青は日本だけでなく、世界中から愛される色です。

青は光の波長が短く、人から認識されにくい色で、遠くから見ても目立ちにくい色です。

日本人の奥ゆかしさが「青なら着れる」というのも頷けますね。

 

一番嫌がられる色は・・・黄色

 

なぜか?お客様の中で、黄色が一番「手にとらない」と言われる色です。

なぜかと考えたのですが、もともと黄色人種の日本人はやはり

肌色を「黄色に寄せる」のが苦手だったりするわけで、

(この辺はパーソナルカラーを勉強すると分かります)

美白願望が強い日本人ならではだなあと思います。

 

「絶対着れない」と言われるのが・・・ピンク

若い頃は大丈夫だったけど、

「ある程度の年になったら、ピンクは着れない」

という方がとても多いんです。

でも、ピンクというのは女性ホルモンのバランスを整えてくれる色。

女性ホルモンはお肌や体を綺麗にしてくれるのに欠かせないですよね。

これは小物でもいいので身につけるしかない、って思いませんか?

 


 

色は何か??というと

光の波長の違いなんですね。

その光が反射して、目に届き、大脳に届くので、

色を見ると、大脳が刺激されるという仕組みになっています。

 

一番脳に刺激のある色は・・・白

一番脳を刺激するのは白です。

白は光のすべての波長を反射して、私たちの目に届けます。

だから白一色の病室は疲れやすいので、最近は看護師さんの白衣が薄いピンク色になったりしてますよね。

一番脳を刺激しない色は・・・黒

黒は光をすべて吸収するので、脳は刺激されません。

小さいお子さんがいる方で、黒ばかり着ている方、要注意ですよ。

お子さんの目に入ってくるものが黒ばかりだと、脳が刺激されません。

明るく朗らかなバランスのいい子に育って欲しければ、

お母さんが色んな色を身につけて置いた方がいいですよ。

好きな色で分かる色彩心理学

さて、人気のある色、ない色、着れない色、などについてお話してきましたが、

「好きな色」というのは、やはり特別なもので、

好きな色=「なりたい自分」を表現しています。

自分で自分が良く分からない方、色の不思議を体感されたい方、

こちらの【無料】好きな色診断をされて見てはいかがでしょうか?

好きな色で分かる色彩心理学

ファストアンサーで簡単にチェックができますよー。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. My wife and i felt quite thrilled that Chris could round up his web research with the ideas he got through the web site. It’s not at all simplistic to simply find yourself offering guides which usually the others might have been making money from. We really fully understand we’ve got the writer to appreciate because of that. The most important explanations you made, the simple blog navigation, the relationships you can make it possible to instill – it is mostly impressive, and it’s really helping our son and the family consider that that content is satisfying, and that is exceedingly fundamental. Many thanks for all the pieces!

  2. Spot on with this write-up, I actually suppose this website needs much more consideration. I抣l probably be again to learn far more, thanks for that info.

  3. Thank you so much for giving everyone a very remarkable possiblity to read from here. It is often very great plus packed with a great time for me personally and my office mates to search the blog not less than thrice in one week to read through the latest tips you have. And indeed, I’m just at all times happy with the amazing concepts you give. Selected two ideas on this page are basically the most impressive I have ever had.

  4. Oh my goodness! an incredible article dude. Thank you However I am experiencing problem with ur rss . Don抰 know why Unable to subscribe to it. Is there anybody getting identical rss problem? Anyone who knows kindly respond. Thnkx

  5. I am only writing to let you understand of the impressive discovery my princess went through using your web page. She came to find some details, which include what it’s like to possess a great teaching nature to let most people just master specified problematic things. You undoubtedly surpassed readers’ expected results. Thank you for coming up with such practical, healthy, revealing and in addition fun guidance on the topic to Emily.

  6. Can I just say what a relief to find somebody who actually is aware of what theyre speaking about on the internet. You undoubtedly know learn how to deliver a problem to mild and make it important. More people have to learn this and perceive this aspect of the story. I cant consider youre no more well-liked since you positively have the gift.

  7. Needed to post you a little bit of note just to say thanks yet again for your personal exceptional tactics you’ve shared above. It was extremely open-handed with people like you to grant openly all that a number of people could possibly have advertised as an ebook to help make some profit for their own end, and in particular since you could possibly have tried it if you decided. These solutions also served like the good way to fully grasp that other people have the identical keenness like my very own to grasp a whole lot more around this condition. I am certain there are lots of more pleasurable times ahead for those who scan your blog.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP